現在のページ : ホーム

借地権って一体ナンだ

土地があってそこに建物が建っている場合、その土地は建物の所有者の持ち物だと思う場合がほとんどだと思います。
しかし、建物を所有していても土地を持っていない場合もあるのです。
つまりは土地は借りていて、建物だけを建てているような場合です。


そもそも土地には所有権という権利と借地権という権利があります。
所有権は言うまでもなく所有している人が主張できる権利です。
一方の借地権というものは土地を持ってはいないものの、その土地の所有者に対して毎月一定のお金を払うことによって土地を自由に使う権利を持っていることをいいます。


つまり、借りている側の権利が借地権です。
このような区分けがあるのですが、ひとつの建物のある場所を巡って、その土地と建物のオーナーが別々になることを意味しています。
実際、世の中にはそのようなことが多いのですが、だからこそ世の中にはこの権利を巡ってトラブルになってしまうこともあるのです。


そのようなトラブルに巻き込まれてしまうと大きな損をしてしまうようなこともあるかもしれませんし、実害がなかったとしても気分としては良いものではありませんので、そのようなことがないようにあらかじめ気を配っておきましょう。
いざそのような局面になったときに何も知らないわからないでは話になりませんから、まずは情報を持っておくことも重要です。
正確な知識や情報さえあればどうにかなってしまうので、ここで覚えてみましょう。